FC2ブログ
日 程 2009年5月24日

標準コースタイム 鳩待峠~1時間~山ノ鼻~40分~牛首~40分~竜宮小屋~ヨッピ吊橋~50分~牛首~40分~山ノ鼻~1時間30分~鳩待峠

尾瀬は群馬、福島、新潟、3県の県境に位置する本州最大の高層湿原です音符
今日は親子3代、美と健康の追求&癒されるべく尾瀬ハイキングに行って来ました笑い。
マイカー規制中との事で4:30戸倉出発のバスに乗って向かいました。

鳩待峠の標高は1,591m、尾瀬ヶ原は1,400m。
標高差約200mを、まず下ります。残雪の至仏山を左手に間近に見ながら木の階段や木道をひたすら下り続けます。
CIMG0289_convert_20090524214929.jpg


途中、雪が少しありました。
CIMG0293_convert_20090524212803.jpg

鳩待峠から3.3㎞、約1時間程で山ノ鼻に着きます。
ここからいよいよ尾瀬ヶ原!ここは東西6㎞、南北2㎞の広大な湿原。
春から秋にかけて水芭蕉やニッコウキスゲなど数多くの湿原植物によって色どられます。
今年は例年に比べて降雪量が少なめで、雪解けも早かったので水芭蕉は例年より少し早めに咲いていました。水芭蕉は尾瀬の代名詞。サトイモ科で花期は5月中旬~6月末頃。尾瀬ヶ原と尾瀬沼の各所で見られます。
カッコウの鳴き声があちこちから聞こえてきました。
CIMG0298_convert_20090524212831.jpg


CIMG0302_convert_20090524212859.jpg

山ノ鼻から木道を通って牛首に向かいます。木道の先に燧ケ岳(2,356m)が見えます。燧ケ岳山頂から尾瀬ヶ原を見下ろすと、この辺りの地形が牛の首に似ていることから、この名が付いたと言われています。
CIMG0324_convert_20090524212927.jpg

CIMG0325_convert_20090524212955.jpg

湿原にある池のことを地塘(ちとう)と呼ぶそうです。
そして地塘にある島のことを浮島というそうです。
浮島はその名の通り、実際に水に浮いています。


CIMG0330_convert_20090524213025.jpg

振り返ると、至仏山がきれいです。
大堀川周辺から至仏山を眺める景色。

竜宮小屋に近付くにつれ、黄色のリュウキンカも咲いていました。
リュウキンカは立金花と書き文字通り茎は直立して高さ約60㎝、金色の花を咲かせます。(キンポウゲ科で水芭蕉と同じく花期は5月中旬~6月末頃)
CIMG0339_convert_20090524213053.jpg

歩荷の人もたくさん出会いました。いよいよシーズン到来ですねグー!
CIMG0346_convert_20090524213124.jpg

今日はヨッピ吊橋方面へ行き牛首~山の鼻~鳩待峠を戻りました。
今日も楽しかった~音符お疲れ様でした!
スポンサーサイト



2009.05.24 Sun l ハイキング l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://celebuuu.blog7.fc2.com/tb.php/96-71b892f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)