FC2ブログ
今日は越後駒ヶ岳に行ってきました!

小出IC-駒ノ湯~駒ケ岳~駒の湯
標準コースタイムは片道6:30です。各自時間は調べてから行ってくださいね。

登山口
P7294435.jpg
     
登山入口から直ぐにある吊り橋
P7294437.jpg

無風の登山道。
汗でびしょびしょになったタオルを何回もしぼったのは初めてです。
熱中症注意ですね。
P7294453.jpg

6時。明るくなってきました。
P7294449.jpg

小倉山から見えた駒ヶ岳。これから本当に登れるのだろうか?超遠いなぁ。
P7294459.jpg

小屋直前はこんな感じです
P7294499.jpg

P7294462.jpg

山小屋。超冷たいお水で生き返りました。
P7294465.jpg

小屋から30分ほどで頂上です。
雪渓が素敵ですね
P7294484.jpg


登頂!中ノ岳も見えてよかったです。
P7294474.jpg P7294480.jpg


今日は暑かったです。3リットル以上飲みました。お疲れ様でした~。
駒ノ湯は今は日帰り入浴はしていないらしいのでユピオへ

P7294524.jpg

今日出会ったお花
ミツバオウレン                   ニガナ         
mitubaouren.jpg nogana.jpgotogirisou.jpg

ホソバコゴメグサ             イワイチョウ         
hosobakogomekusa.jpg iwaityou.jpg 

キスゲ                 アカモノ 
kisuge.jpg  akamono.jpg



コイワカガミ               マイズルソウ                 
koiwakagami.jpg maizurusou.jpg

アザミ               ハクサンコザクラ           
azami.jpg hakusankozakura.jpg

ハンゴウソウ              ヒメシャガ
 hangousou.jpg himesyaga.jpg






 





スポンサーサイト
2012.07.29 Sun l 登山・上信越 l COM(0) TB(0) l top ▲
長屋 和哉「焚き火ライブ&神話をめぐるトーク in 八ヶ岳」へ行ってきました。
会場は悠遊塾ふぁみりぃの音楽館です。
flyer1_HP.jpg


長屋 和哉(オフィシャルウェブサイト)はこれまでに7枚のオリジナルCDをリリース。
シンギングボウルなどアジア全域に広がる金属製の仏具や祭祀楽器を主に使用して神秘的な楽曲の多くをテレビや映画に提供しています。


ライブで使う楽器
P7274410.jpg

神話をめぐるトーク
焚き火をたいて私たち現代人のなかに息づいている「「神話性」などもおりまぜて、長屋氏の詩情あふれるトークライブ
P7274411.jpg

P7274413.jpg


音のワークショップ
ここでは実際に演奏体験。神秘的な音。
体験したことのなかったスピリチュアルな体験ができました。
P7284428.jpg

P7284430.jpg


9月にもありますのでご興味あるかたは是非参加してみてくださいね!
P7284418.jpg

2012.07.28 Sat l おすすめ★ l COM(0) TB(0) l top ▲
7/25~26 ヨガ仲間と富士山へ行ってきました。

スケジュールはこんな感じ↓
1日目 富士吉田口(5合目)-白雲荘
2日目 白雲荘でご来光→頂上→富士吉田口(5合目)

登山口へ向かう途中から見えた富士山
P7254307.jpg

スバルライン(有料道路)で富士吉田口(5合目)11:30着
5合目まで歩いて20分でこの渋滞。私たちはこの辺りの路肩Pへ駐車して歩きました。
P7254309.jpg 

5合目。登山者でいっぱいです。今日は2,000人くらい入山してるらしい。
土日はこの5倍だそうです。
P7254312.jpg



頑張っていきましょう。
P7254316.jpg

岩場は渋滞でした。
バスツアーは12時~登り始めるのでその前に出発すると渋滞に巻き込まれずにすみそうですね。
P7254323.jpg

渋滞のため予定を大幅に遅れて山小屋に到着。
P7254329.jpg

寝室          夕食と朝食
P7254330.jpg P7254333.jpg


深夜12時の様子。
トイレは渋滞。登山道にはヘッドライトで登っていく人もいます。
私は小屋からご来光をお迎えなのでまた寝ます。
P7264335.jpg

4時30分頃 ご来光です。 素敵
P7264346.jpg

9合目付近からの景色 幻想的
P7264351.jpg

もうすぐ頂上
P7264361.jpg

P7264364.jpg

やったー!
P7264370.jpg

お鉢めぐり
P7264372.jpg

最高峰(剣が峰)
P7264378.jpg

ここから見た河口
P7264384.jpg

帰りはこんな砂利道を歩きます。
P7264394.jpg

今日もたくさんの人が登ってくるのが見えます。
P7264395.jpg


富士山でびっくりしたもの
①頂上のトイレ
P7264393.jpg

②自動販売機
P7264371.jpg

③9合目売店
P7264355.jpg


帰りはせっかくなので山梨県名物のホウトウを堪能。小作 河口湖店
P7264402.jpg P7264405.jpg


今日もお天気に恵まれよかったです。お疲れ様でした~。
2012.07.26 Thu l 登山・上信越 l COM(0) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。いよいよ最終日。
【8日目】

旭岳温泉--姿見-姿見の池-旭岳(2290メートル)--(往路下山)-姿見--旭岳温泉
旭川空港(19:45発)-羽田空港(21:30着)ANA4760 
※歩程約6.5キロ、約4時間25分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)


大雪山は北海道の最高峰である旭岳(2,291m)をはじめ、20連峰におよぶ標高2,000m級の山々の総称です。
大雪山国立公園は、これらを中心に北海道の中央に成り立つ、わが国最大の山岳を中心とした原始性の豊かな国立公園です。(面積は、ちょうど神奈川県の広さに匹敵)
1934年(昭和9年)に国立公園に指定されました。


6時発のロープウェイに乗車。早くくるとこの無料Pが空いています。
P7184250.jpg

姿見ノ池と旭岳
P7184211.jpg

頂上
P7184218.jpg

P7184224.jpg

P7184226.jpg

帰りの景色も素敵
P7184217.jpg

P7184232.jpg



アイヌの人々は大雪山を「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼んでいたそうです
P7184234.jpg

噴煙があがってます
P7184242.jpg


これにて山旅は終了。

飛行機まで時間があるので旭川によって帰ります。
旭川ラーメン
P7184253.jpg

P7184251.jpg

旭山動物園の白クマ
P7184266.jpg

事故とケガなくすごせてよかったです。山の神様に感謝
お疲れ様でした。

こんなに羽をのばさせてもらったら明日から頑張らないといけませんね

2012.07.18 Wed l 登山・北海道 l COM(2) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。

7日目
白金温泉・望岳台-スリバチ火口-十勝岳(2077メートル)-(往路下山)-望岳台
※歩程約10キロ、約6時間55分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)
宿泊場所:大雪山白樺層ユースホステル

十勝岳(とかちだけ)は、北海道の中央部の上川管内の美瑛町・上富良野町、十勝管内の新得町にまたがる標高2,077mの活火山。大雪山国立公園[3]内の十勝岳連峰(十勝火山群)の主峰です


登山口の望岳台
P7174118.jpg


避難小屋
P7174128.jpg

昭和噴火口
P7174134.jpg

ガスってきました
P7174135.jpg

ここも風が強~い
早く降りましょう。
P7174138.jpg

十勝平野。雲が気持ちよさそう
P7174144.jpg

ちょっと富良野へ行ってみましょう。
走りやすい道路。
P7174150.jpg

流行ってる?富良野のオムカレー
P7174154.jpg

羊さん発見
P7174159.jpg

お花畑
P7174172.jpg

ここに7月に来るのが夢だったのですわぁ~い。ラベンダー畑
P7174173.jpg

そして「北の国から」のロケ地‘89帰郷の五郎の石の家です。
P7174193.jpg


よく遊んだので宿へ向かいましょうかね
P7174199.jpg

大雪山白樺層ユースホステル
P7174200.jpg

夕食。
P7174202.jpg

今日もお疲れ様でした~。


2012.07.17 Tue l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。
【5~6日目】

①とよぬか山荘ーバスー幌尻山荘ー幌尻岳ー幌尻山荘
②幌尻山荘ー登山口バス-とよぬか山荘
宿泊場所:二風谷荘  北海道沙流郡平取町二風谷56-4


幌尻岳(ぽろしりだけ)は、北海道、日高山脈の主峰で標高2,053m。アイヌ語でポロシリは「大きな山」の意で、日高山脈襟裳国定公園内にある二等三角点(点名「幌尻」)の山です。
3時にとよぬか山荘発のシャトルバスに乗車(登山口近くの第一ゲートまでははこのバスに乗らないといくことができません)平取町HP
増水のため13日3時のバスは運休していたらしいです。よかったぁ。

第一ゲート
P7154004.jpg

取水ゲートで沢シューズに履き替えました。ちなみに運動用タイツ(CW―Xなど)に乾きやすい短パンで行きました。保温性もありズリキズもできにくいので登山ズボンよりいいと思います。
P7154008.jpg


へつり2箇所ありました。
P7154009.jpg

今日は太ももの半分までの渡渉ですみました。
P7154011.jpg

P7164073.jpg

幌尻山荘の到着。荷物をデポして山頂を目指します。
P7154012.jpg

カールが素敵です。
P7154024.jpg
P7154041.jpg

リス
P7154027.jpg

山頂
P7154040.jpg


P7154038.jpg

日帰り(17時のバスに乗車)できそうでしたが予定通り山荘に宿泊しましょう。
毛布1枚もらえましたが寝袋があった方がいいです。
P7154070.jpg


ちょっと早いけど夕食を食べて寝ます~。
P7154071.jpg

2日目
昨日山頂に行ったので今日は(2時間待たなきゃですが)下山。
バス乗り場に向かいました。

エゾシロチョウ 国内で見られるのは北海道のみだそうです。
P7164083.jpg

山荘の方、シャトルバスの方で密に連絡をとりあっている模様。
何人か下山した情報を聞いて早く迎えに来てくれました。
ラッキーということで今日は観光へ
P7164093.jpg

P7164087.jpg

宿泊場所の民宿(二風谷荘  北海道沙流郡平取町二風谷56-4)
アットホームなお宿。ジンギスカンの夕食
P7164115.jpg

P7164114.jpg

明日もお山なので早めに休みましょう。
2012.07.16 Mon l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。

【4日目】

短縮登山口-カムイ天上-トムラウシ公園-トムラウシ山(2141メートル)-(往路下山)
※歩程約14.8キロ、約10時間50分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)

宿泊場所:とよぬか山荘

トムラウシ山(トムラウシやま)は、北海道中央部、上川管内美瑛町と十勝管内新得町の境にそびえる、大雪山系南部ので標高2,141 mの山。「大雪の奥座敷」と称される。日本百名山。
トムラウシとは、アイヌ語で「花の多いところ」を意味するとも、「水垢が多いところ」の意だともいわれています。山域は1934年(昭和5年)に大雪山国立公園の特別保護地区に指定されました。

短縮登山コースから出発
P7143903.jpg

カムイ天上からコマドリ沢まで約1時間が、まれにみるドロ道で田植え状態です
P7143995.jpg

P7143996.jpg


雪渓。アイゼンは使いませんでした。
P7143918.jpg

前トム平手前の岩場
P7143921.jpg

P7143927.jpg

前トム平
この素敵な景色を見ちゃったらもっとみたくなっちゃう。
引き返せないなぁ
P7143932.jpg

P7143939.jpg

岩場を登って頂上
P7143957.jpg

P7143962.jpg

P7143963.jpg

P7143965.jpg

お花畑がとっても素敵でした。
P7143974.jpg

帰りにキツネに遭遇。かわいいですが寄生虫がいるので触らないほうがいいですね。
P7144001.jpg

明日に備えて今日も早く寝ましょう。

トムラウシ温泉
P7143998.jpg

2012.07.14 Sat l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。

【3日目】
清岳荘-下二股-上二股-馬ノ背-斜里岳(1536メートル)-熊見峠-清岳荘
※歩程約8.9キロ、約6時間50分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)
 宿泊場所:サホロユースホステル

新築されたばかりの清岳荘。ここは既に五合目で標高約650m
P7123812.jpg

間もなく、一ノ沢に沿って遡行の区間。
ナメ滝が連続。足場の岩は濡れていても滑りにくかったです。ロープやクサリがある所もあります。ぬれますが登山靴で大丈夫でした。
P7133831.jpg

P7133838.jpg

P7133837.jpg


下二股・上二股間は登りに沢コースの旧道を使い、下りに尾根コースの新道を使いました。

稜線のチングルマはもう綿毛になっています。
P7133867.jpg


馬の背付近は強風です。
P7133872.jpg

頂上。下は晴れていましたが山頂はガスってますね。
P7133875.jpg

P7133877.jpg

熊見峠からみた斜里岳。
P7133890.jpg

お天気で気持ちいいな。
P7133892.jpg

お疲れ様でした。
P7133896.jpg

2012.07.13 Fri l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。

【2日目】
岩尾別温泉-弥三吉水--銀冷水-羅臼平-羅臼岳(1661メートル)-(往路下山)-岩尾別温泉 
※歩程約11.6キロ、約8時間20分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)
宿泊場所:清岳荘

羅臼岳(らうすだけ)は、北海道・知床半島にある火山群の主峰及び最高峰で標高1,660m。
2005年7月にこの山域を含む知床半島が知床 (世界遺産)に正式登録。

オホーツク沿岸を知床半島に向かいます。お天気、大丈夫かな・・・
P7123740.jpg

エゾシカに遭遇
P7123751.jpg

知床半島中央のオホーツク海側に位置する、最東端の温泉宿「ホテル地の涯」です。
右奥進むと裏側に木下小屋があり、そこが羅臼岳のウトロ側登山口です。
P7123754.jpg

P7123756.jpg

この先、650m岩峰までアリの巣が集中、ヒグマ出没多発区間だそうです
P7123757.jpg

動物園の匂い(クマの匂い?)ぷんぷんします
鈴をガンガン鳴らして進みます。やっぱりいたみたい。クマのう●ち
P7123758.jpg

極楽平。正面に羅臼岳
P7123763.jpg

大沢の入口。ここでクマが出たらしく、3~4組が帰っていきました
私が着いた頃はもういませんでした。
ここで12本アイゼンを装着
P7123777.jpg

ここで雨がひどくなってきたので引き返そうかと思いましたが
地元のおじさんに「本州から来たの?若いんだから登ってきな」と言われ
がぜんやる気がでてきました。暖かくしていってみましょう

上に行くほど大きな岩。目印に従い登ります。
P7123793.jpg

強風の羅臼岳登頂、タッチアンドゴー。
P7123794.jpg

P7123797.jpg

実は帰りにもクマに遭遇。笛を吹いたらどいてくれました。
ちなみにヒグマはこんな感じです(クマ牧場のクマです)
P7164100.jpg

こんな緊張感のある山は初めてでした
お疲れ様でした!
2012.07.12 Thu l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。


【1日目】

羽田空港(6:55発)-女満別空港(8:40着)JAL1183
DSC_2083.jpg P7113678.jpg


 雌阿寒温泉登山口-雌阿寒岳-雌阿寒温泉登山口
※歩程約5.2キロ、約3時間40分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)
宿泊場所:美幌ユースホステル

レンタカーを借りてgoです

あらかじめ宅配便の営業所に荷物を送っておいたので取ってから出発です。
それにしても、すごい荷物だなぁ。まずは野中温泉へ。
P7113681.jpg

雌阿寒岳(めあかんだけ)は、北海道、阿寒の活火山で標高1,499m。
活火山のため登山が制限される場合があるので注意!


雌阿寒温泉(野中温泉)近くにある登山道入口から出発。
アカエゾマツの純林
P7113692.jpg

途中から振りかえるとエメラルドグリーンのオネトーが見えます
P7113715.jpg

背丈より高いハイマツ林
P7113698.jpg

登山道は火口の縁を登る道です。火口をチラ見
P7113729.jpg

頂上
P7113731.jpg

フップシ岳  阿寒湖 雄阿寒岳 剣ケ峰  フレベツ岳
P7113730.jpg


出会ったお花
イワブクロ 
iwabukuro.jpg


メアカンキンバイ
meakakinbai.jpg

メアカンフスマ
meakanfusuma.jpg

明日に備えて早く寝ましょう。お疲れ様でした~。
2012.07.11 Wed l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲