FC2ブログ
9/28に大朝日岳(標高1870m)に行ってきました

今回はこちらのコースで行ってきました。
朝日鉱泉--中ツル尾根--大朝日岳--大朝日小屋--小朝日岳--鳥原山--鳥原小屋--朝日鉱泉
標準コースタイムは上り:6時間下り:6時間のようです。(各自調べてくださいね!)
今回は大朝日小屋に泊まる予定(準備)で行ったのですが、思ったより早く歩けたので日帰りに変更です。自分の健脚にビックリでした


朝日岳(あさひだけ)は山形県と新潟県の県境上、朝日山地の南部にある山塊です。主峰の大朝日岳(標高1870m)は県境ではなく山形県に属しています。その他北東に小朝日岳(標高1648m)、北西の県境上に西朝日岳(標高1814m)があります。

自宅を2:30に出発。途中休憩をとりながらPに7:40に到着
P9280290.jpg P9280291.jpg



こんな吊橋を渡ったり、森の中を歩きます
P9280305.jpg


P9280298.jpg

P9280303.jpg


7合目あたりからの景色。頂上付近は少しずつ紅葉が始まっています
P9280314.jpg


あら、ハクサンイチゲも咲いてました。
P9280355.jpg

9合目
P9280354.jpg


やっほー。頂上到着
P9280358.jpg P9280365.jpg


頂上からの景色。大朝日小屋も見えます
P9280368.jpg


泊まろうと思っていた人気の大朝日小屋(素泊まりのみ\1,500)。
まだ12:30。
ん~。次の鳥原小屋までいっちゃおう
P9280370.jpg


小朝日岳登らないと帰れません(><)
P9280373.jpg

鳥原小屋近くの池糖。
P9280377.jpg

まだ3時前。明るいうちにPに戻れそう。やっぱ日帰りに変更したのでした。
お疲れ様でした。

あっ、カモシカに遭遇。ビックリした~
P9280380.jpg

温泉:りんご温泉\300


スポンサーサイト



2011.09.29 Thu l 登山・東北 l COM(2) TB(0) l top ▲
9/24~25ソロテントで北アルプス蝶ヶ岳・常念岳へ行ってきました

蝶ヶ岳の名の由来は、安曇野市豊科、穂高付近から見える雪形がチョウに似ていることからつけられたもので、例年6月下旬頃にその姿を明瞭に見る事が出来るそうです。
長野県の蝶ヶ岳~常念岳は、穂高連峰と槍ヶ岳を眺める最高のコースだそうです。ワクワク

P9240183.jpg

1日目 三股登山口 → 蝶ヶ岳(テン泊)
2日目 蝶ヶ岳(テン泊)→ 常念岳 → 前常念岳 → 三股登山口 


1日目
さすがシルバーウィーク。
7時には三俣ゲートの駐車場はいっぱい。かなり下の路上に何とか駐車できました
P9240181.jpg P9240180.jpg

お天気も最高!「森の空気」と「鳥のさえずり」「水のせせらぎ」が私の元気の素なのです
P9240194.jpg

P9240185.jpg


森林限界を超えたかな?明日歩く稜線が見えます。
P9240197.jpg

昼前に到着。今日のお城を設営してとりあえず、山頂へ。(テント場から徒歩5分)
P9240213.jpg P9240224.jpg



蝶ケ岳ヒュッテとテン場。今日は120人宿泊だそうです。テン場もこの後いっぱいになりました。
P9240226.jpg

穂高連峰がこんなに近いとは!雲ひとつない快晴です。素敵
P9240200.jpg


明日もあるので夕食を食べて休みましょう。
今日はマーボー丼とコンビにで買ったコールスロー、リンゴ
楽しい事ばかりしているのでアホになってしまいそう・・・とりあえず英語の本を持ってきてみました
P9240230.jpg


2日目

蝶ヶ岳テン場からの夜明け
P9250242.jpg


今日も頑張りましょう。
あらっ、雷鳥に出会う事ができました
P9250253.jpg

ふぅ~先は長いなぁ。
P9250267.jpg

これまで歩いた道のりを振り返ってみました。
少しずつだったけど、こんなに進んできたではないですか!!
人生と一緒。たまには振り返って自分を褒めてあげましょう
P9250279.jpg

もうちょっとだぁ~。空が高~い!もうすっかり秋の空ですね。
P9250278.jpg


到着。歩いていれば着くものですね。お疲れ様でした。
P9250281.jpg

常念からの穂高連峰。去年行った鷲羽・水晶方面も見えました。
P9250285.jpg

お天気に恵まれて絶景の2日間でした!山の神様ありがとう


2011.09.25 Sun l 登山・北アルプス l COM(2) TB(0) l top ▲
9/17-18塩見岳に行ってきました。
標準コースタイムです↓行く前に地図等で確認して下さいね!
P9180160.jpg

【1日目】鳥倉林道駐車場⇒登山口⇒塩見小屋 7時間
【2日目】塩見小屋⇒塩見岳⇒塩見小屋⇒三伏峠⇒登山口⇒鳥倉林道駐車場 7時間55分

塩見岳(しおみだけ)は伊那市と静岡市にまたがる南アルプス国立公園内の赤石山脈の中央部の標高3,047mの山です。

1日目
駐車場は車がいっぱいです。
P9180161.jpg

よく「山ガール?」って聞かれますが森ガールかもです。
稜線歩きも好きですが、こんな緑の道を歩くのも好きです。
P9170078.jpg

もうお花は咲いていませんが、「ゴゼンタチバナ」「マイズルソウ」
かわいい花ですが日陰に咲くお花です。私もケナゲなお花のようになりたいものです
P9170082.jpg


やれやれ小屋に到着。今日はここに泊まります。
P9170090.jpg

時間があったので(明日雨かもしれないし・・・)塩見岳に登ってみました。
ウラシマツツジはもう紅葉してました。
P9170099.jpg

気をつけても登りましょう
P9170112.jpg
山頂は霧時々晴れ。虹!?なんだからラッキーな気分です。
P9170105.jpg

16:30夕食。18時就寝(してしまいました)
P9170119.jpg

2日目
4:30朝食
P9180122.jpg

わぁ~い!お天気最高!これは今日も登らなければ!
P9180146.jpg

P9180129.jpg

手前が西峰奥が東峰です。
P9180135.jpg

わぁ~い。頂上(東峰)
P9180141.jpg

富士山もバッチリです
P9180144.jpg

さてさて帰りましょう。
三伏山から見た景色
三峰三山もよく見えます。
P9180153.jpg

これで南アルプスの100名山は制覇です
お疲れ様でした~
2011.09.18 Sun l 登山・南アルプス l COM(0) TB(0) l top ▲
9/10~11南アルプス・甲斐駒ヶ岳&仙丈ヶ岳へ行ってきました。

標準コースタイムです↓行く前に地図等で確認して下さいね!
【1日目】北沢峠~仙水峠~山頂~双児山~北沢峠・駒仙小屋テン場(約7時間)
【2日目】北沢峠~小仙丈ケ岳~仙丈ケ岳~藪沢新道~北沢峠(約7時間)

1日目

甲斐駒ヶ岳(かいこまがたけ)は、南アルプス国立公園内の赤石山脈(南アルプス)北端の山梨県北杜市と長野県伊那市にまたがる標高2,967 mの山です。
登山口のある北沢峠まではバスで向かいます。
仙流荘 バス乗り場
P9100004.jpg
※伊那市長谷戸台口から北沢峠間の約22 kmを結ぶ長谷村の村営南アルプス林道バス(南アルプス林道バスの時刻表は、伊那市のホームページの中の観光情報の中にあります)

駒仙小屋テン場にテントを張ってから出発。カラフルなテントでいっぱいです。
F1011417.jpg

駒津峰にて。甲斐駒をバックに
P9100027.jpg


最後は岩登り
P9100037.jpg

P9100034.jpg

到着~。
P9100041.jpg

帰りも気をつけて帰りましょう。
P9100047.jpg

2日目
仙丈ヶ岳、あるいは仙丈岳(せんじょうがたけ・せんじょうだけ)は、長野県伊那市と山梨県南アルプス市にまたがる南アルプス国立公園内の赤石山脈の北部にある標高3,033 mの山です。

森林限界地点・小仙丈ヶ岳の山頂からの景色。
F1011425.jpg

小仙丈沢カール。さすが南アルプスの女王です。
F1011427.jpg

もうすぐ頂上
F1011428.jpg

到着♪
P9110052.jpg

藪沢新道にあった滝
P9110057.jpg

今日もいい天気でした!
お疲れ様でした


2011.09.10 Sat l 登山・南アルプス l COM(0) TB(0) l top ▲
9/7~8燧ヶ岳に行ってきました!

燧ヶ岳(ひうちがたけ)は福島県にある火山で山頂は南会津郡檜枝岐村に属しています。尾瀬国立公園内にあり、至仏山とともに尾瀬を代表する山です。東北地方最高峰 (2,356m)であり日本百名山に選定されています。

今日はこのルートで行ってみましょう。見晴らしでソロテント1泊2日です。
CIMG0565.jpg


1日目10時間 2日目5時間30分

お日様もでてきました。
CIMG0570.jpg

水の流れる音が心地よいです
CIMG0569.jpg

木道も整備されています
CIMG0573.jpg

尾瀬沼からみた燧ヶ岳
CIMG0583.jpg

もうすぐ頂上。ガンバ
CIMG0625.jpg

到着
CIMG0643.jpg

頂上から見た尾瀬ガ原と尾瀬沼
CIMG0641.jpg



CIMG0632.jpg

今回出会ったお花達
お花はすっかり実に変わっていました。
シラタマノキ アキノキリンソウ ゴゼンタチバナ
CIMG0602.jpg CIMG0604.jpg CIMG0606.jpg

ツルリンドウ ツバメオモト ワレモコウ

CIMG0620.jpg CIMG0626.jpg F1011416.jpg


恋多き私?は秋に失恋することが多く?あまり好きな季節ではありませんでした。
ですが山のぼりを始めてからは「実りの秋」を知り秋も好きになりました
四季のある日本は素敵ですね

お疲れ様でした~。
F1011409.jpg

F1011408.jpg

2011.09.08 Thu l 登山・上信越 l COM(0) TB(0) l top ▲