FC2ブログ
10月最後の週末に久々に白毛門沢に行ってきました笑い。
03shiragamon-map.gif

紅葉が終わってしまったかなぁ~と心配しましたが
とぉ~てもキレイでした

こちらは鼻毛の滝
IMGP0878_convert_20081030222330.jpg


タラタラのセン
IMGP0898_convert_20081030222555.jpg


紅葉がキレイ
IMGP0889_convert_20081030222734.jpg


IMGP0901_convert_20081030222844.jpg

頂上までもうすぐ
IMGP0919_convert_20081030223240.jpg


ジジ岩とババ岩
IMGP0916_convert_20081030223136.jpg

頂上からの景色
IMGP0927_convert_20081030223334.jpg

一の倉沢をバックに
IMGP0931_convert_20081030223416.jpg


こちらはおまけ
築地のお寿司
IMGP0845_convert_20081030223517.jpg




合羽橋に売ってた食品サンプル
IMGP0862_convert_20081030223611.jpg



スポンサーサイト
2008.10.30 Thu l 沢登り l COM(0) TB(0) l top ▲
先日、職場の交流事業で「地元食材を使ったお料理教室」を開催しました。
講師は地元ラジオ・テレビ・新聞でよく紹介されているホザナ料理教室の石垣先生です。
全部おいしかったですが、簡単でおいしいお菓子をご紹介します。
りんごをつかった中華菓子です。是非作ってみてくださいな。
CIMG1350_convert_20081022214642.jpg

材料
薄力粉・・・・・・・・180g   シナモン・・・・・・・小さじ1/2
B.P・・・・・・・・・小1と1/2  重曹・・・・・・・・・小さじ1
黒砂糖・・・・・・・・140g   塩・・・・・・・・・・小さじ1/2
卵・・・・・・・・・・2個     りんご・・・・・・・・130g
生クリーム・・・・・・30cc   ごま油・・・・・・・・50cc
皮つきりんご・・・・・1/2個



作り方
1、 粉類を合わせてふるう。
2、 1に砂糖と塩を加えよく混ぜる。
CIMG1352_convert_20081022214735.jpg

3、 卵を溶きほぐし、すりおろしたりんごを加える。
4、 皮つきりんごはいちょう切りにし塩水につける。
5、 2の粉に3の卵液を混ぜあわせ、生クリーム ごま油を加える。
6、 型(かご)に紙(ふきん)を敷いて生地を流しいちょう切りのりんごを飾り強火で40分蒸す。
CIMG1356_convert_20081022214813.jpg

こちらが完成形
CIMG1361_convert_20081022215032.jpg


他にもチーズペンネ&豆のスープ&ほうれん草サラダを作りました
CIMG1364_convert_20081022215131.jpg

是非是非お試しあれ
2008.10.22 Wed l グルメ l COM(0) TB(0) l top ▲
10/19に庚申山に行ってきました。
庚申山は標高1892mで群馬・栃木両県にまたがる足尾山塊の中でも人気の高い山です。
山頂は旧栃木県足尾町(現日光市)の西部、群馬・栃木県境の栃木県側にあります。標高1,982mの庚申山は、滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」 にも登場する、奇岩・怪石に覆われた神秘的な山。庚申講信仰の総本山としての歴史も持ち、秋の紅葉も有名。
古くからの信仰の山で、今から1200年前に勝道上人によって開山されたと伝えられて特別天然記念物のコウシンソウの自生地としても知られています。


コースタイム
銀山平 1:10⇒ 一の鳥居 1:30⇒ 庚申山荘 1:00⇒ 庚申山 (同コース下山所要時間 2:50)+お山巡り1時間30分

マイカーアプローチ
旧大間々町(現みどり市)から国道122号で旧足尾町(現日光市)原向駅北の線路橋直前を左折。ここから銀山平まで5㎞。Pは銀山平のかじか荘付近。



銀山平登山者用駐車場があり5~6台駐車可。出発すると1時間ほど林道歩きです。
IMGP0754.jpg


林道が終わり一の鳥居に着くと本格的に登山の始まりです。
IMGP0757.jpg


しばらくは沢伝いの登山道が続きます。沢の水はとっても綺麗。
この沢が最終的には庚申七滝となり、庚申川と合流するらしい。
IMGP0762.jpg


登山道は、明るいです。紅葉も綺麗になってきて、青空とのコラボも最高です。
IMGP0771.jpg

こちらは庚申山荘
IMGP0779.jpg


庚申山荘を過ぎると登山道の様相は一気に変ります。
岩壁の下をくぐったり、水の滴り落ちる登山道を通ったり、ロープの箇所、細い危険な登山道などを通ります。なかなか面白いコースです。
IMGP0797.jpg



あっと言う間に頂上です。
IMGP0803.jpg

 こちらは昼食
IMGP0805.jpg


帰りは少し遠回りをしてお山巡りをして戻りました
IMGP0822.jpg


IMGP0824.jpg

帰りは登山口にある「かじか荘」のお風呂へ。
800円でなかなかいいお湯でした
2008.10.22 Wed l 登山・北関東 l COM(0) TB(0) l top ▲
パンパンだった足も通院の甲斐ありここまで元に戻りました。
NEC_0498.jpg

1週間くらい前からジョギングや水泳を始め、いよいよ山登り再開しました。
今回はリハビリを兼ねハイキングを計画。
8時頃 群馬県六合村の野反湖を出発。まず八間山を目指しました!
m-shirasuna.jpg



IMGP0676.jpg
20分くらい歩いて見えた野反湖。

天気も良くて最高です。
紅葉もきれい
IMGP0686.jpg

1時間半で八間山に到着
時間もあったのでここから白砂山まで行く事を決定。
IMGP0694.jpg


分岐点の地蔵峠11:30
IMGP0710.jpg

IMGP0699.jpg

IMGP0719.jpg


白砂山到着12:30
ちょっと休んで13:00頃出発
IMGP0724.jpg


帰り道の登山道はオレンジのジュータンが敷かれていました。
IMGP0726.jpg


IMGP0731.jpg

16時過ぎに無事到着。


リハビリを兼ねた山行でしたが、思いのほか歩く事ができてよかったです。
とは言ってもしばらくは足をいたわりながらの山行かな。

2008.10.14 Tue l 登山・北関東 l COM(0) TB(0) l top ▲
実は9月の上旬に突然、両足がむくみ、パンパンになってしまいました。
最初の頃は「すぐ直るだろう」「直った頃に報告日記でも書こう!」などと安易に思っていましたが、かれこれもう1ヶ月の闘病生活・・・。
こうなったら、完治にむけて闘病日記でも書こうと思います。

9月上旬、突然、足の甲~ひざまでパンパンになり歩くのも大変でした。
これは最初の頃。クリームパンみたいな足でした。
悲しんでも仕方がないのでクリームパンダちゃんを書いてみました。
足

最初に行った病院では「アレルギー」では?と治療をしていましたが全く治る気配なし。
病院を探しまわり、今は3つ目のクリニックに通っています。
エコノミー症候群?血栓症?ばい菌?結局原因は未だ不明です。
最初は、もしかしたら血栓がつまっているかもだから運動前面禁止を言い渡され、かなりたいくつな思いをしました。大好きな山にはもう行けないのかな~。などと不安にもなりましたが、治るように頑張るしかないので、この際に今まで読みたかった本などを読んでみました。
本


そうそう、靴も履けなくなってしまったのでこれが今の私の愛用の靴。
昔、妹にもらってずっと下駄箱の奥に入れておいた靴です。
やっと日の芽をみました。かかとの部分がないのではみ出しても平気。
靴


血液検査で血栓(重症)ではなさそうということでストレスも溜まってきたので少しずつ運動をすることに。
大渡温水プールhttp://www15.wind.ne.jp/~ohwataripool/
ここはガンガン泳げます。
大渡





スカイテルメhttp://www.skyterume.com/
こちらはアクアウォーキングがいいかな?温泉も入れる

そしてこれが1ヶ月経過した今日の状況です。
パンパンですが、足が靴に入りました~!!足の甲は肉ではありません。むくみです。
完治に向けて頑張りま~す!
ヒール
2008.10.01 Wed l その他 l COM(0) TB(0) l top ▲