FC2ブログ
4/29今日は群馬県南牧村の大津へ行ってきました。
↓参考図
三ッ岩大津20170429 (1)

沢沿いを歩いて中州から尾根に向けて上ります。
三ッ岩大津20170429 (2)

ピークにはアカヤシオ
三ッ岩大津20170429 (3)

三ッ岩大津20170429 (4)

切れ落ちたやせ尾根は慎重に行きましょう。
三ッ岩大津20170429 (5)

西上州の山とアカヤシオ
三ッ岩大津20170429 (6)

ここも慎重に行きましょう
三ッ岩大津20170429 (7)

振り返るとアカヤシオロードが見えます。ほんのりピンクでかわいいです。
三ッ岩大津20170429 (8)

ここはロープで懸垂下降
三ッ岩大津20170429 (9)

アカヤシオを見ると春を感じますね~。
今年もいっぱい楽しみましょう。
お疲れ様でした~。
スポンサーサイト
2017.04.29 Sat l バリエーションルート l COM(0) TB(0) l top ▲
3/16東尾根から谷川岳へ行ってきました。
東尾根は谷川東面でもっとも美しい雪稜のひとつと言われています。
間もなく群馬県谷川岳遭難防止条例により東尾根は入山禁止となります。なので3月の雪が安定してきたこの時期がねらい目ですね

コースはこんな感じです。(コースタイムは各自調べてから行ってくださいね)
谷川岳ロープウェイP→一ノ倉沢出合→一の沢→シンセンのコル→第2岩峰→観倉台→ナイフリッジ→第1岩峰→オキの耳→神平→谷川岳ロープウェイP

谷川岳ロープウェイP朝4時出発
P3165716.jpg

一の倉沢出合到着(870m)
P3165744.jpg

本谷・衝立スラブ、デブリが見えます。
P3165756.jpg


一ノ沢に入り、シンセンのコルに向かいます。
標高差で590m。途中2ヶ所で右手に蒼氷の氷壁を発見!
P3165781.jpg

P3165792.jpg

振り返ると・・・結構傾斜が急ですね
P3165800.jpg

シンセン岩峰と白毛門山
P3165810.jpg

シンセンのコルから1P目第二岩峰。直登
P3165824.jpg

観倉台~ナイリッジの景色
P3165843.jpg


P3165849.jpg

P3165868.jpg

P3165875.jpg

P3165897.jpg

ナイフリッジはドキドキしました
P3165899.jpg

第1峰を越えれば谷川岳山頂です1
P3165903.jpg

山頂到着!と同時に吹雪でホワイトアウトになってしまいました
帰りは方位磁石を使っての下山。こんな時にはメンバーや持物、経験の重要さを痛感します。
P3165913.jpg

P3165912.jpg

結果オーライ。一緒に行ってくれた仲間には本当に感謝です
お疲れ様でした~。

2014.03.17 Mon l バリエーションルート l COM(0) TB(0) l top ▲
12/15群馬県・表妙義山の星穴岳へ行ってきました。

この峰、懐に大きな穴(結び穴)と小さな穴(射抜き穴)が空いています。今回はこの星穴岳から懸垂下降して星穴見学に行ってきました。

これは表妙義縦走路から見た星穴岳。穴は結び穴です。
PB181615.jpg

コースはこんな感じです。
赤と黄色のテープを目印に行ってみました。
chizroid_map.jpg

西岳へ向かいます。
PC154549.jpg



PC154554.jpg


西岳山頂より星穴岳と浅間山
PC154553.jpg

PC154556.jpg


トラバースも慎重に。
PC154562.jpg

星穴岳
PC154578.jpg

星穴岳ピークの下の鞍部。
下降点から星穴岳の影に射抜き穴の光が抜けています。
PC154581.jpg

星穴岳より懸垂下降して射抜き穴へ
空中懸垂
PC154590.jpg

射抜き穴
PC154594.jpg

射抜き穴から懸垂降下してむすび穴(大きい星穴)へ
PC154599.jpg

むすび穴
PC154604.jpg

PC154607.jpg


こちらも山の影にむすび穴の光が抜けています。
PC154611.jpg


帰りは苦手な落ち葉トラバース。
PC154619.jpg

今日も表妙義では滑落?遭難事故があったそうです。
PC154613.jpg

安全登山をしてくれた仲間に感謝。お疲れ様でした~。
2013.12.15 Sun l バリエーションルート l COM(0) TB(0) l top ▲
今日は妙義山へ行ってきました。

妙義山(みょうぎさん)は、群馬県下仁田町・富岡市・安中市にまたがるいくつものピークから成り、最高峰は、表妙義稜線上の相馬岳(1103.8m)です。(妙義山系全体の最高峰は、裏妙義に聳える谷急山(1162.1m))

また妙義山は、九州の耶馬渓・四国の寒霞渓と並んで、日本三奇勝に数えられ、奇岩怪石が林立する名勝です。

ウィキペディアによると・・・
「表妙義縦走路は岩稜帯が連続し、こぶ岩・鷹戻し・奥の院の鎖場等で多数の死亡・重傷等遭難が繰り返し起こっている。その通過の難しさは、北アルプスの大キレットや剱岳の比ではない。とくに、他の山系と異なり、岩の性質上スタンス(足がかり)が乏しく、鎖を全力で握り腕力で身体を引き上げることを強いられる箇所や、ヤセ尾根で両側がともに100m以上切れ落ちているような危険箇所がしばしば現れ、腕の力が尽きたり、ほんの一度躓いたりしただけで、命を落とす最悪の帰結につながる。」


今日のコース
PB181662.jpg

気をつけて中之岳神社から出発
PB181572.jpg

今日はロープも持って気をつけて行ってみましょう。
PB181587.jpg


登山道はこんな感じ
PB181634.jpg

こんな鎖場がいっぱい
PB181635.jpg

PB181599.jpg


鷹返し
PB181623.jpg


いい景色ですね
PB181632.jpg

PB181649.jpg

表妙義最高峰の相馬岳にて仲間とパチリ。いつもありがとー。
PB181636.jpg

緊張の連続でしたが、今日も無事に終了。お疲れ様でした~。
PB181659.jpg





2012.11.18 Sun l バリエーションルート l COM(0) TB(0) l top ▲
11/15に表妙義縦走してきました!

妙義山は白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭などを合わせた総称で、南側の表妙義と北側の裏妙義に分かれています。
また日本三大奇勝の一つで日本百景に選定されています。

終始岩場の登降の連続で高度感、展望も抜群です。
約8時間のコースです。滑落事故も多い山なので慎重にいきましょう。
myougi-tozan.jpg
朝焼けがキレイです
CIMG0469.jpg

これから登る金洞山
CIMG0462.jpg


早速鎖場
CIMG0478.jpg

見晴らし台からの景色
CIMG0473.jpg

西岳・星穴岳
CIMG0485.jpg

浅間山も見えました
CIMG0479.jpg


鷹返し
CIMG0491.jpg

大のぞきからの景色
CIMG0507.jpg  CIMG0504.jpg



最後の垂直30mの鎖場
CIMG0517.jpg

今日も東岳で滑落事故で重体者がいたそうです。

ケガもなく無事でよかったです。
お疲れ様でした~!

2009.11.16 Mon l バリエーションルート l COM(0) TB(0) l top ▲