FC2ブログ
お友達が開催している展示会「第11回 ヒマラヤの旅 写真展- インド・ラダック ヒマラヤの自然・人々の営み -」へ行ってきました。
P5146823.jpg

P5146828.jpg


ここでは唯一チベット文化が破壊されずに残った地域、インダス川源流インド・ラダック地方の未だ手付かずの素朴な文化、ヒマラヤの自然をご紹介しています。
P5146824.jpg

ヒマラヤ雑貨も販売していますよ!
P5146826.jpg

P5146825.jpg

P5146836.jpg

P5146835.jpg

会期 2014年5月6日(火)~18日(日)
AM 10:30 ~ PM 6:30 月曜定休

会場:茶房ギャラリー千楽
群馬県高崎市東貝沢町1-18-14
TEL/FAX 027-362-0181
MAP https://goo.gl/maps/JTHUZ

ネパール・ヒマラヤ雑貨専門店「カラパタール」ホームページはこちら
スポンサーサイト
2014.05.14 Wed l ヒマラヤ l COM(0) TB(0) l top ▲
今日はご縁あってチベット仏教においてダライ・ラマ14世に次ぐ高僧Zachoeje Rinpoche(ザチョゼ・リンポチェ)氏にお会いすることができました。
宗教は詳しくありませんが「リンポチェ」とはチベット密教ゲルグ派の高僧の役称だそう。
Zachoje Lama (ダルマ大師)の生まれ変わりとしてダライ・ラマ法皇より東チベットにおいての最高僧として承認された方です。
チベット文化・僧侶や僧院のサポート・子供達のための活動の一環として日本にも度々来て全国各地で「祝福と法話の会」を開催されています。

会場の様子
rin1.jpg

rin2.jpg

rin3.jpg

rin4.jpg



次回イベントがある時にはお知らせできたらと思います。

位の高い方なのに親近感のある何か大きな方でした。
器の小さい私としてはすべてを包み込めるくらい大きな心を持った素敵な女性を目指したいですね!
rin6.jpg




2013.01.06 Sun l ヒマラヤ l COM(0) TB(0) l top ▲
ネパール・ヒマラヤ雑貨専門店「カラパタール」HPの企画展
「ヒマラヤの法具・アクセサリー展」へ行ってきました。

ヒマラヤ・チベットの写真の展示のほか、店主の萩原さんが直接買い付けてきた仏教法具や曼荼羅、ヒマラヤ水晶、二千年前のアンティークガラスを使ったアクセサリー、日常で使う雑貨や香辛料などヒマラヤ文化に関わる幅広い品々を展示、販売しています。とっても素敵な空間です。ネパール・ヒマラヤにご興味ある方は是非行ってみてくださいね!

12月4日~12月16日 茶房ギャラリー千楽(群馬県高崎市東貝沢町1-18-4)
営業時間 10:30 ~ 18:30 月曜日定休

PC052077.jpg

PC052105.jpg

シンキングボウル
PC052078.jpg

かわいい小物や
PC052079.jpg

ヒマラヤ水晶
PC052080.jpg

二千年前のアンティークガラスを使ったアクセサリー

PC052093.jpg
雑貨や香辛料
PC052092.jpg

仏教法具や曼荼羅
PC052098.jpg

PC052082.jpg


2012.12.05 Wed l ヒマラヤ l COM(2) TB(0) l top ▲
今日はネパール協会HP主催のシンポジウム「ヒマラヤの自然と環境と夢を語る」へ参加してきました

ネパールは、山や登山を愛する人々のいわば聖地
ネパール国内を東西に連なるヒマラヤ山脈には、世界最高峰エベレストを代表とした標高8,000mを越える高峰が8峰あります。それらの峰々への挑戦は、多くの人々に勇気、夢、希望を与え、人々を魅了しています。
しかしながら一方では、人間が作り出す環境問題とも直面しています。
そこで3人の気鋭の登山家にヒマラヤの魅力である自然、環境、夢について語って頂き、ネパールへの理解を深めるというものです。

みなさん、ヒマラヤのパワーを受けて?素敵な方々でした
途中、上映していただいたヒマラヤの景色もとっても素敵でしたね
いつか自分の目で見てみたいな。なんて思ったりして
わくわくの妄想膨らむ1日となりました(笑)
PB301975.jpg

3人の紹介(ネパール協会HPより)
◆栗城 史多(KURIKI NOBUKAZU)
1982年北海道生まれ。大学山岳部で登山を始め、6大陸の最高峰登頂後、'07年からヒマラヤ8000m峰に挑戦。チョ・オユー、マナスル、ダウラギリの単独・無酸素登頂ほか、'09年からは冒険の共有をテーマに、自らの登山活動をインターネットで配信。現在4度目のエベレストに挑戦中で、西陵からの登頂と山頂からのインターネット生中継を目指している。

◆谷口 けい(TANIGUCHI KEI)
1972年和歌山県生まれ。山岳ツアーリーダー、野外教育プログラムファシリテーターなど活動は多岐にわたる。自ら「山登る旅人」と称し、未知の世界と冒険の旅に憧れて世界を巡る。今の主な活動は登山活動。'09年にはインドのカメット峰7756m南東壁の初登攀が評価され、登山界のアカデミー賞といわれるピオレ・ド・オール賞を女性で初受賞する。登山の世界に飛躍する女性のエース的存在。

◆野口 健(NOGUCHI KEN)
1973年アメリカ・ボストン生まれ。97年にチョモランマに挑戦した際、大量のゴミに直面し環境問題への意識を強く持ちエベレスト、マナスル、富士山などの清掃登山を精力的に行う。'06年、遭難したシェルパの遺族を支える「シェルパ基金」'08年、ネパール・サマガオン村に学校を建てるため「マナスル基金」を立ち上げるなど、活動は多岐にわたる。
2012.12.01 Sat l ヒマラヤ l COM(0) TB(0) l top ▲