FC2ブログ
11/10赤城山・覚満淵のササ刈をしてきました。
これは17年前までたくさん咲いていたレンゲツツジやニッコウキスゲをよみがえらせようというプロジェクトです。

200人以上のボランティアが集まりました。
PB103997.jpg

ササ刈りの様子
PB104006.jpg

半日足らずでこんなにキレイになりました。
PB104014.jpg

刈らないとこんな感じになってしまいます。
PB104028.jpg

集めたササ
PB104024.jpg

チップにして
PB104017.jpg

登山道にまきます。
PB104031.jpg

人の力は集まるとすごいなぁと実感。集合写真
PB104033.jpg

山はすっかり晩秋。ダケカンバが映えます。
覚満淵にいっぱいお花が咲くことを願って。お疲れ様でした~。
PB104019.jpg




スポンサーサイト
2013.11.10 Sun l 赤城自然塾 l COM(0) TB(0) l top ▲
2月11日(月)NPO法人赤城自然塾の赤城山環境ガイドボランティア養成講座 stepⅢ 第1回「冬山実践」に参加しました。

場所は群馬県赤城山地蔵岳です。
ビジターセンターを出発。
CIMG0038.jpg

登山口
P2110541.jpg

登山道
P2110549.jpg

山頂
CIMG0082.jpg

1等三角点
P2110568.jpg

帰り道
P2110573.jpg

小沼も見えます。
P2110577.jpg

午後は雪洞掘りとツエルト張り体験。
P2110578.jpg

P2110604.jpg


P2110583.jpg

今回もとっても勉強になりました。

お疲れ様でした~。


2013.02.11 Mon l 赤城自然塾 l COM(0) TB(0) l top ▲
1/19~20赤城自然塾の赤城山環境ガイドボランティア講座Ⅲへ行ってきました。
こちらは群馬県赤城地域の環境教育活動を行っている団体です。
ホームページはこちらです

様々なイベントなども行っているのでご興味ある方は是非参加してみてくださいね!


今回は群馬県の前橋市赤城少年自然の家にて冬の赤城の勉強です。
P1190245.jpg P1190251.jpg


とってもかわいかったので資料をパチリ。
これは冬芽(ふゆめ、とうが)」といいます。
秋、葉の落とした落葉樹は翌年の春の芽吹きのための準備を始めます。
冬の寒さや乾燥から芽を守るためのもので枝の先の小さな芽です。
P1190252.jpg P1190254.jpg P1190255.jpg

森の動物達についても教えていただきました。
P1190263.jpg

こちらは2日目の鳥居峠。さっ寒いです。
P1200273.jpg

覚満淵(沼)も冬は凍るので歩くことができます。
P1200286.jpg

動物の足跡を発見!これはウサギとテンかな?
P1200291.jpg

足跡のない雪に寝転んでみました~。は~気持ちいい~~。
P1200309.jpg

そして大沼も横断してみました。こちらも氷の上。割れないように・・・。
P1200333.jpg

今日もたくさん勉強になりましたね。また色々勉強したくなっちゃったな。頑張ります。
P1200329.jpg
2013.01.20 Sun l 赤城自然塾 l COM(0) TB(0) l top ▲
12/22~23 NPO法人赤城自然塾の講座へ参加してきました。

赤城自然塾は群馬県を代表する山である赤城山の恵に感謝し、クリーン・グリーン・エコネットワークの環境教育プログラムを推進している団体です。自然や好きな人や専門家の集まる団体です、

今回は赤城山へ来てくれた人(観光や子ども達など)のボランティアガイドの養成講座(座学編)です。

会場は国立赤城青少年交流の家。
PC222323.jpg


今日は赤城の自然や歴史の勉強
PC222330.jpg

PC222328.jpg

夕べのつどい
PC222331.jpg

忘年会
PC222332.jpg

赤城山は志賀直哉、高村光太郎、芥川龍之介も訪れたとっても素敵な場所。
ご興味のある方は一緒に勉強しませんか?



赤城自然塾のHPはこちらです。
2012.12.23 Sun l 赤城自然塾 l COM(0) TB(0) l top ▲
甦えらせよう!「覚満淵のニッコウキスゲ」覚満淵のササ刈り作戦に参加してきました

これは「小尾瀬」と呼ばれる群馬県前橋市富士見町赤城山の覚満淵でかつて生い茂っていたニッコウキスゲやレンゲツツジの植生復元のため、周辺のミヤコザサの刈り取り作業を行うものです。
つまり美しい赤城山を甦らせよう!という試みです

群馬県・赤城山の山頂は白くなっています。
PB041297.jpg

8:30ビジターセンターに集合。参加費無料のボランティア活動に191人が集まりました!
PB041298.jpg

群馬を象徴する赤城山。その懐に抱かれた覚満淵は、小尾瀬とも呼ばれる湿地帯で動植物の宝庫です
山麓では130種ものチョウが飛び交い、覚満淵周辺ではニッコウキスゲやリンドウなどが咲いていたそうです。
でも20年ほど前から大きな変化が出てきたそうです。トキソウやアツモリソウ、ニッコウキスゲが急速に減り植物を餌にする昆虫(チョウだけで20種以上)が見られなくなったそうです。

主な原因は二つ

①戦後牧場がなくなったことで牛や馬がササをたべることがなくなった→ササが勢力を伸ばし、陰になる他の植物に日が当たらなくなった。
②日光から移動してきたシカが急増し春先、樹皮や草花の芽を食い荒らすのだそう。


9時~作業開始
茂っている所は刈払機で
PB041311.jpg


植物の近くは手作業で刈り取り
PB041310.jpg

PB041308.jpg

刈り取る前
PB041314.jpg

刈り取った後
PB041324.jpg

12時前に作業は終了。あっという間ですね。
マユミがキレイに咲いています。
PB041323.jpg

午後は赤城自然塾のガイドさんが赤城山の自然について案内してくれました!
地元ですが知らない事を教えていただき面白かったです。
PB041359.jpg

ご興味ある方はHPを参考にしてくださいね!

赤城自然塾HP
SAVE JAPANプロジェクトHP

ついでに赤城山、大沼湖畔にある旧赤城神社跡へ行ってみました。
小鳥ケ島の赤城神社は昭和45年まではここに建っていたそうです。
神社の建物自体はないけど、しっとりすごくいい感じ。パワースポットですね。
PB041343.jpg

大沼畔に鳥居もありました。
PB041346.jpg

新しい神社は歩いて10分くらいのところにあります。

志賀直哉文学碑発見。脇には『万葉集』『万葉集』(巻14)の歌碑もありました。
志賀直哉は赤城を愛し、大正4年5月から9月まで康子夫人と赤城山大洞の山小屋に住んだそうです。
PB041360.jpg


お疲れ様でした~
頑張ったご褒美
AKAGIやる気塾HPおすすめ

白砂糖をふりかけて白樺の幹にみたてています。
赤城山山頂でのみの販売です!
PB041365.jpg

2012.11.04 Sun l 赤城自然塾 l COM(0) TB(0) l top ▲