FC2ブログ
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。いよいよ最終日。
【8日目】

旭岳温泉--姿見-姿見の池-旭岳(2290メートル)--(往路下山)-姿見--旭岳温泉
旭川空港(19:45発)-羽田空港(21:30着)ANA4760 
※歩程約6.5キロ、約4時間25分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)


大雪山は北海道の最高峰である旭岳(2,291m)をはじめ、20連峰におよぶ標高2,000m級の山々の総称です。
大雪山国立公園は、これらを中心に北海道の中央に成り立つ、わが国最大の山岳を中心とした原始性の豊かな国立公園です。(面積は、ちょうど神奈川県の広さに匹敵)
1934年(昭和9年)に国立公園に指定されました。


6時発のロープウェイに乗車。早くくるとこの無料Pが空いています。
P7184250.jpg

姿見ノ池と旭岳
P7184211.jpg

頂上
P7184218.jpg

P7184224.jpg

P7184226.jpg

帰りの景色も素敵
P7184217.jpg

P7184232.jpg



アイヌの人々は大雪山を「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼んでいたそうです
P7184234.jpg

噴煙があがってます
P7184242.jpg


これにて山旅は終了。

飛行機まで時間があるので旭川によって帰ります。
旭川ラーメン
P7184253.jpg

P7184251.jpg

旭山動物園の白クマ
P7184266.jpg

事故とケガなくすごせてよかったです。山の神様に感謝
お疲れ様でした。

こんなに羽をのばさせてもらったら明日から頑張らないといけませんね

スポンサーサイト



2012.07.18 Wed l 登山・北海道 l COM(2) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。

7日目
白金温泉・望岳台-スリバチ火口-十勝岳(2077メートル)-(往路下山)-望岳台
※歩程約10キロ、約6時間55分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)
宿泊場所:大雪山白樺層ユースホステル

十勝岳(とかちだけ)は、北海道の中央部の上川管内の美瑛町・上富良野町、十勝管内の新得町にまたがる標高2,077mの活火山。大雪山国立公園[3]内の十勝岳連峰(十勝火山群)の主峰です


登山口の望岳台
P7174118.jpg


避難小屋
P7174128.jpg

昭和噴火口
P7174134.jpg

ガスってきました
P7174135.jpg

ここも風が強~い
早く降りましょう。
P7174138.jpg

十勝平野。雲が気持ちよさそう
P7174144.jpg

ちょっと富良野へ行ってみましょう。
走りやすい道路。
P7174150.jpg

流行ってる?富良野のオムカレー
P7174154.jpg

羊さん発見
P7174159.jpg

お花畑
P7174172.jpg

ここに7月に来るのが夢だったのですわぁ~い。ラベンダー畑
P7174173.jpg

そして「北の国から」のロケ地‘89帰郷の五郎の石の家です。
P7174193.jpg


よく遊んだので宿へ向かいましょうかね
P7174199.jpg

大雪山白樺層ユースホステル
P7174200.jpg

夕食。
P7174202.jpg

今日もお疲れ様でした~。


2012.07.17 Tue l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。
【5~6日目】

①とよぬか山荘ーバスー幌尻山荘ー幌尻岳ー幌尻山荘
②幌尻山荘ー登山口バス-とよぬか山荘
宿泊場所:二風谷荘  北海道沙流郡平取町二風谷56-4


幌尻岳(ぽろしりだけ)は、北海道、日高山脈の主峰で標高2,053m。アイヌ語でポロシリは「大きな山」の意で、日高山脈襟裳国定公園内にある二等三角点(点名「幌尻」)の山です。
3時にとよぬか山荘発のシャトルバスに乗車(登山口近くの第一ゲートまでははこのバスに乗らないといくことができません)平取町HP
増水のため13日3時のバスは運休していたらしいです。よかったぁ。

第一ゲート
P7154004.jpg

取水ゲートで沢シューズに履き替えました。ちなみに運動用タイツ(CW―Xなど)に乾きやすい短パンで行きました。保温性もありズリキズもできにくいので登山ズボンよりいいと思います。
P7154008.jpg


へつり2箇所ありました。
P7154009.jpg

今日は太ももの半分までの渡渉ですみました。
P7154011.jpg

P7164073.jpg

幌尻山荘の到着。荷物をデポして山頂を目指します。
P7154012.jpg

カールが素敵です。
P7154024.jpg
P7154041.jpg

リス
P7154027.jpg

山頂
P7154040.jpg


P7154038.jpg

日帰り(17時のバスに乗車)できそうでしたが予定通り山荘に宿泊しましょう。
毛布1枚もらえましたが寝袋があった方がいいです。
P7154070.jpg


ちょっと早いけど夕食を食べて寝ます~。
P7154071.jpg

2日目
昨日山頂に行ったので今日は(2時間待たなきゃですが)下山。
バス乗り場に向かいました。

エゾシロチョウ 国内で見られるのは北海道のみだそうです。
P7164083.jpg

山荘の方、シャトルバスの方で密に連絡をとりあっている模様。
何人か下山した情報を聞いて早く迎えに来てくれました。
ラッキーということで今日は観光へ
P7164093.jpg

P7164087.jpg

宿泊場所の民宿(二風谷荘  北海道沙流郡平取町二風谷56-4)
アットホームなお宿。ジンギスカンの夕食
P7164115.jpg

P7164114.jpg

明日もお山なので早めに休みましょう。
2012.07.16 Mon l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。

【4日目】

短縮登山口-カムイ天上-トムラウシ公園-トムラウシ山(2141メートル)-(往路下山)
※歩程約14.8キロ、約10時間50分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)

宿泊場所:とよぬか山荘

トムラウシ山(トムラウシやま)は、北海道中央部、上川管内美瑛町と十勝管内新得町の境にそびえる、大雪山系南部ので標高2,141 mの山。「大雪の奥座敷」と称される。日本百名山。
トムラウシとは、アイヌ語で「花の多いところ」を意味するとも、「水垢が多いところ」の意だともいわれています。山域は1934年(昭和5年)に大雪山国立公園の特別保護地区に指定されました。

短縮登山コースから出発
P7143903.jpg

カムイ天上からコマドリ沢まで約1時間が、まれにみるドロ道で田植え状態です
P7143995.jpg

P7143996.jpg


雪渓。アイゼンは使いませんでした。
P7143918.jpg

前トム平手前の岩場
P7143921.jpg

P7143927.jpg

前トム平
この素敵な景色を見ちゃったらもっとみたくなっちゃう。
引き返せないなぁ
P7143932.jpg

P7143939.jpg

岩場を登って頂上
P7143957.jpg

P7143962.jpg

P7143963.jpg

P7143965.jpg

お花畑がとっても素敵でした。
P7143974.jpg

帰りにキツネに遭遇。かわいいですが寄生虫がいるので触らないほうがいいですね。
P7144001.jpg

明日に備えて今日も早く寝ましょう。

トムラウシ温泉
P7143998.jpg

2012.07.14 Sat l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲
7/11~18北海道の山旅へ行ってきました。

【3日目】
清岳荘-下二股-上二股-馬ノ背-斜里岳(1536メートル)-熊見峠-清岳荘
※歩程約8.9キロ、約6時間50分(標準時間ですので、時間等は各自で確認してくださいね)
 宿泊場所:サホロユースホステル

新築されたばかりの清岳荘。ここは既に五合目で標高約650m
P7123812.jpg

間もなく、一ノ沢に沿って遡行の区間。
ナメ滝が連続。足場の岩は濡れていても滑りにくかったです。ロープやクサリがある所もあります。ぬれますが登山靴で大丈夫でした。
P7133831.jpg

P7133838.jpg

P7133837.jpg


下二股・上二股間は登りに沢コースの旧道を使い、下りに尾根コースの新道を使いました。

稜線のチングルマはもう綿毛になっています。
P7133867.jpg


馬の背付近は強風です。
P7133872.jpg

頂上。下は晴れていましたが山頂はガスってますね。
P7133875.jpg

P7133877.jpg

熊見峠からみた斜里岳。
P7133890.jpg

お天気で気持ちいいな。
P7133892.jpg

お疲れ様でした。
P7133896.jpg

2012.07.13 Fri l 登山・北海道 l COM(0) TB(0) l top ▲