FC2ブログ
5/31~6/2島根県の出雲大社、世界遺産・石見銀山、鳥取県大山隠岐国立公園にある、中国地方最高峰の「大山」に行ってきました。


5/31の22:00に群馬を出発→6/1の8:30出雲大社到着
日頃の感謝と色んなご縁に恵まれるようお願いしましょうね。
P6011815.jpg

P6011775.jpg

P6011802.jpg


そして石見銀山へ。ピーク時は20万人がここで暮らしていたそうです。
清水谷製錬所跡
P6011818.jpg

P6011821.jpg

こんな感じで銀を掘っていたのですね。全部で600を超える坑道のあとがあるそうです。
P6011839.jpg

P6011832.jpg

今日の宴会場?下山野営場に宿泊
P6021849.jpg

6/2大山へ

大山は西側から見る大山は「伯耆富士」大山南側「鍵掛(かぎかけ)峠」から見る大山は切り立った山肌を見ることができます。

今日は夏山登山口から山頂を目指します。
標準コースタイムは↓です。
夏山登山口==(登り50分・下り45分)==三合目==(登り45分・下り40分)==行者分かれ==(登り15分・下り10分)==六合目==(登り40分・下り35分)==八合目==(登り20分・下り20分)==弥山山頂
P6021851.jpg

6合目からの景色
P6021860.jpg

登山者多いですね
P6021875.jpg

山頂はこのとおり。
P6021886.jpg

と思ったら今日は山開きのイベントがあるらしくテレビカメラもたくさんきてました。
P6021880.jpg

山頂
P6021881.jpg P6021890.jpg



山頂からみた剣ケ峰
P6021891.jpg

弓ケ浜も見えます。
P6021901.jpg

これは山頂で買ったラーメン\500
P6021887.jpg

帰りは高山植物を見ながら戻ります。


タニウツギ            クルマバソウ         エンレイソウ
P6021905.jpg P6021865.jpgP6021904.jpg


ヤマシャクヤク        ダイセンキスミレ         マイヅルソウ
P6021871.jpg P6021873.jpg P6021857.jpg

ミヤマカタバミ            ダイセンキャラボク        イワカガミ
P6021866.jpg P6021899.jpg P6021870.jpg

ギンリョウソウ
P6021908.jpg



今日も楽しい1日になりました。
群馬からは片道約1,000km。1人では来れなかったなぁ。改めて仲間に感謝

お疲れ様でした~。







スポンサーサイト



2013.06.03 Mon l 登山・近畿・北陸・中四国 l COM(0) TB(0) l top ▲
4日目

【参考タイム】※各自で調べてから行ってくださいね。
ロープウェイ山頂成就駅のピストン6時間30分
P4053170.jpg

石鎚山は、石鎚山は、山岳信仰(修験道)の山として知られています。のひとつとされ、霊峰石鎚山とも呼ばれる。石鎚山脈の中心的な山であり、石鎚国定公園に指定されている。
正確には、最高峰に位置する天狗岳(てんぐだけ、標高1,982m)・石鎚神社山頂社のある弥山(みせん、標高1,974m)・南尖峰(なんせんぽう、標高1,982m)の一連の総体山を石鎚山と呼ばれています。
石鎚山及びその周辺の森林は、暖帯林(カシ林)から温帯林(ブナ林)、標高1,700メートル以上の亜寒帯林(ダケカンバ林、シラビソ(シコクシラベ)林)と変化に富んでいます。この亜高山帯針葉樹林は日本最南端。多様な動物相を呈しており、クマタカやハヤブサ、ヤマネなどの生息地として重要であることから、国指定石鎚山系鳥獣保護区(大規模生息地)に指定(面積10,858ha、うち特別保護地区802ha)。また林野庁の森林生態系保護地域にも指定されています。

ロープウェイ乗り場
P4053165.jpg


石鎚といえば鎖。試しの鎖74mがあり、
一の鎖 33m 二の鎖 65m 三の鎖 68m
と続きます。自信のない人は迂回路も利用できます。
P4053175.jpg


P4053193.jpg

頂上
P4053209.jpg

頂上からの景色
P4053204.jpg


P4053216.jpg

ちょっと振り返ってみました!結構な鎖場を登ったのね
P4053218.jpg

アケボノツツジがキレイに咲いてました。
P4053225.jpg P4053222.jpg


今日はこれから群馬への家路を急ぎます。(瀬戸大橋)
P4053250.jpg


無事到着。
P4063257.jpg

と~っても素敵な4日間の山旅でした。
お疲れさまでした~。
感動をともにしてくださった皆さん、ありがとうございました!

2012.05.06 Sun l 登山・近畿・北陸・中四国 l COM(0) TB(0) l top ▲
3日目

【参考タイム】※各自で調べてから行ってくださいね。
山頂までは見ノ越から1時間30分。山頂-ジロウギュウは往復で2時間
P4043068.jpg



剣山(つるぎさん)は、四国に位置する標高1,955mの山で、近畿以西の西日本および四国第二の高峰であり、徳島県の最高峰。宮尾登美子「天涯の花」の舞台にもなっています。

車窓から見た剣山とジロウギュウ
P4043057.jpg

P4043060.jpg


安徳天皇ゆかりの剣が由来であるとされるが、頂上直下にある大剣神社の剣岩が由来とする説もあるようです。
剣山本宮でお払いをしていただきました。
P4043071.jpg

P4043072.jpg



山頂
P4043077.jpg

ジロウギュウへ向かいます
P4043081.jpg

P4043096.jpg

P4043091.jpg



剣神社。現世最高の良縁を結ぶらしいです
P4043110.jpg

四国はいい森と谷がいっぱいですね。素敵
P4043133.jpg


吉野川
P4043135.jpg

今日のお宿「湯之谷温泉」(愛媛県西条市州之内甲)
湯治の湯とお遍路さんの定宿として有名だそうです。
P4043138.jpg

時間が少しあったので石鎚神社へ。
P4043147.jpg
みかんの木だ!
P4043153.jpg

夕食。今日も大好きなお山と神社、おいしい料理いっぱいで幸せ。
P4043156.jpg

P4043158.jpg P4043161.jpg


おやすみなさい

2012.05.05 Sat l 登山・近畿・北陸・中四国 l COM(0) TB(0) l top ▲
2日目

今日は大峰山へ
【参考タイム】※各自で調べてから行ってくださいね。
行者還トンネル西口→奥駈道出合→聖宝ノ宿跡→弥山小屋→大峰山
上り:3時間50分  下り:3時間

八経ヶ岳は、北の吉野山から南は熊野本宮付近に達する大峰山脈の最高峰。トウヒやシラベの原生林に覆われています。

行者還トンネルと世界遺産の看板のある登山口から出発
P4032994.jpg


雨が幻想的です。
登ると、世界遺産にも登録される大峰奥駈道という山上ヶ岳からの縦走路にぶつかります。
P4032997.jpg

P4033001.jpg

近畿最高峰の八経ヶ岳頂上
P4033026.jpg

今日はこれからいよいよ四国突入。
P4033040.jpg

渦潮?
P4033041.jpg

今日のお宿徳島県「つるぎの宿 岩戸」
P4043053.jpg

今日もたくさん食べてゆっくり休みましょう。おやすみなさい。
P4033046.jpg

2012.05.04 Fri l 登山・近畿・北陸・中四国 l COM(0) TB(0) l top ▲
5/3~6 前橋ハイキングクラブの皆さんと近畿・四国の山旅に行ってきました!

1日目

3時に出発。大台ヶ原を目指します。
環境省HP


P4022926.jpg

さすがGW。渋滞です。
P4022943.jpg

今日の宿泊場所「心・湯治館 大台山の家」に到着
P4022949.jpg

ここから東コースを歩きます。
P4022950.jpg

【参考タイム】※各自で調べてから行ってくださいね。
大台ケ原山頂→心・湯治館→尾鷲辻→正木ヶ原→大台ケ原山
上り:1時間30分  下り:1時間20分 

大台ヶ原は大台ヶ原は、屋久島と並ぶ日本でも最も雨の多い地帯です。世界的に見ても多雨地帯。吉野熊野国立公園のなかでも特に規制の厳しい特別保護地区に指定されています。

頂上。平坦で周囲を傾斜が急な崖で囲まれている地形を隆起準平原というそうです。
P4022960.jpg


日出ヶ岳の直下、正木嶺や正木ヶ原では鹿の食害にあったトウヒの立ち枯れと笹原が見られます。
P4022970.jpg
これは、1959年(昭和34年)に近畿地方を襲った伊勢湾台風がそれまで地表を覆っていた森林を破壊し、その木々が流出したことによりそれまで地面に自生していたコケ類が衰退、代わって、ササ類が繁茂し始めたためだそうです。
また、オオルリやコマドリ、コノハズクなどの野生生物の生息地で面積にして18,054 haが国指定大台山系鳥獣保護区(大規模生息地)に指定されていてうち1,403 haは特別保護地区だそうです。

本日の夕食。
P4022990.jpg

今日も素敵な森でした。
明日も頑張りましょう!お疲れ様でした~。
2012.05.03 Thu l 登山・近畿・北陸・中四国 l COM(0) TB(0) l top ▲